• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1664
  • 公開日時 : 2021/09/30 10:00
  • 印刷

本人認証サービス(3Dセキュア認証)での認証が失敗する。

回答

本人認証サービス(3Dセキュア認証)の失敗(エラーコード E510006 など)については
以下の可能性が考えられます。お客さまでカード情報をご確認ください。
 
【本人認証サービス(3Dセキュア認証)用の申し込みがされていない】
本人認証サービス(3Dセキュア認証)は、クレジットカード発行会社によって申し込みが必要な場合があります。
申し込みがされているかご確認ください。
また、クレジットカードの再発行や更新、切り替えを行った際、以前のカードで「本人認証サービス」をご登録いただいていた場合でも、新しいカードで改めてクレジットカード発行会社へのお申し込みが必要となる場合がございます。
お使いのクレジットカードで再登録が必要であるかについては、クレジットカード発行会社へお問い合わせください。
 
【本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワードを間違えている】
クレジットカード発行会社へ登録したパスワードを間違って入力した場合、登録ができません。
パスワードの変更は、クレジットカード発行会社へお問い合わせいただく必要があります。

【本人認証サービス(3Dセキュア認証)に対応していないカードを選択している】
本人認証サービス(3Dセキュア認証)に対応していないカードを選択している場合は登録ができません。別途本人認証サービス(3Dセキュア認証)が利用できるクレジットカードをご準備ください。お使いのクレジットカードが本人認証サービス(3Dセキュア認証)に対応しているかは、クレジットカード発行会社へお問い合わせください。

※ 一部のクレジットカード発行会社が発行するクレジットカードの家族カード、一部のプリペイドカードは対応していません。
※ PASMOアプリには、本人認証サービス(3Dセキュア認証)を導入しているクレジットカードのみご登録できます。「本人認証サービス(3Dセキュア認証)についてはこちら」もご参照ください。(主なクレジットカード会社のご案内ページへのリンクもございます)
PASMOアプリに登録できるクレジットカードについては、こちらをご参照ください。
※ モバイルPASMOサポートセンターでは、クレジットカードに起因するエラーの調査は受け付けておりません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想がございましたら、ご入力ください。 お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます