• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3247
  • 公開日時 : 2022/08/01 09:00
  • 更新日時 : 2022/08/16 16:51
  • 印刷

(横浜市交通局)市営バス44系統の運行事業者変更に伴う定期券払いもどしについて

回答

横浜市交通局は、2022年9月30日(金)をもって市営バス44系統の運行を終了し、2022年10月1日(土)から、相鉄バスによる運行に変更となります。これに伴い、44系統では市営バス定期券はご使用いただけなくなります。
現在、市営バス44系統をご利用のお客さまが、運行の終了を理由として残日数のある市営バス定期券(市営バス・地下鉄連絡定期券含む)の払いもどしをご希望の場合、無手数料で払いもどしいたします。
なお、払いもどしの取扱期間は、2022年9月23日~2022年10月31日となります。
詳細についてはこちら

【9月23日~30日の間に払いもどしの申請をしていただいた場合】
申請日を払戻日として払いもどしを実施いたします。

【10月1日~31日の間に払いもどしの申請をしていただいた場合】
市営バス全線定期券の場合は9月30日を払戻日とします。地下鉄バス連絡定期券については、定期券の最終使用日を払戻日として払いもどしを実施いたします。ただし、最終使用日が9月30日以前であっても、9月30日を最終使用日とみなします。

払いもどしの取扱いについては、下記の払いもどしのお申込みフォームよりお申込みください。
払いもどしのお申込みフォームはこちら
[払いもどし事由]は「その他」を選択のうえ、自由入力欄に「市営バス44系統運行事業者変更のため」とご入力ください。
ご自身のPASMOアプリの操作によって払いもどしをされると、通常の払いもどしとなり手数料が課金されますので、ご注意ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想がございましたら、ご入力ください。 お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます