• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 661
  • 公開日時 : 2022/04/01 10:00
  • 印刷

Apple PayのPASMOとPASMOカードの違いは?

回答

Apple PayのPASMOは、iPhoneまたはApple Watchを利用して、入金(チャージ)や定期券購入ができるサービスです。
Apple PayのPASMOをご利用いただくことによって、駅・バス営業所の窓口や自動券売機に並ぶ必要がなく、スムーズに電車やバス、ショッピングをご利用いただけます。

その他、Apple PayのPASMOの特徴については、以下の通りです。
【Apple PayのPASMOならできること】
・ ウォレットアプリやPASMOアプリ上でSF(電子マネー)の入金(チャージ)(※1)(※2)
・ ウォレットアプリやPASMOアプリ上でPASMO定期券(鉄道・バス)の購入(※1)(※2)(※3)(※4)
・ PASMOアプリ上でオートチャージの申し込み、設定変更(※1)
・ ウォレットアプリやPASMOアプリ上で残額履歴情報の確認
・ アプリ上でバス利用特典サービス(バス特)の特典バスチケット残額確認
 
※1 PASMOアプリでのご利用には会員登録が必要です。
※2 クレジットカード決済が必要です。
※ クレジットカードの他、プリペイドカードやデビットカードをPASMOアプリに登録し、銀行口座と連携して定期券のご購入やPASMOへの入金(チャージ)ができるサービスもございます。詳しくはこちらをご参照ください。
※3 Apple PayのPASMOで定期券を発売する事業者はこちらをご確認ください。
※4 ウォレットアプリでは、定期券の継続購入のみご利用できます。

【Apple PayのPASMOではできないこと】
・ 一部の自動券売機等による現金での入金(チャージ)
・ Suicaグリーン券売機でのグリーン券購入
・ エクスプレス予約のEX-ICカードと重ねての新幹線乗換改札機通過 (Apple PayのPASMO1台でエクスプレス予約またはスマートEXを利用する場合を除く)(※5)(※6)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想がございましたら、ご入力ください。 お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます